使用する言語

ホームページ製作で使用する言語にはいくつかの種類があります。
まずは、表示するページを作成するための、HTML(XHTML)、CSS、JavaScriptです。
HTML(XHTML)は、ホームページ製作の主となる言語です。
実際に表示される文章(コンテンツ)と、画像の表示や文書構造を表現するためのタグで構成されます。比較的習得が容易です。
CSSは、美しいホームページ製作にとても重要です。
HTMLで作られた文書を、どうレイアウトするか、どんな色やエフェクトをつけてデザインするかを表記します。
1つのCSSファイルを、複数のHTMLから参照することで、サイトのデザインを統一することができます。
Javascriptは、ページに動きをつけるときに使います。小さな画像をクリックすると、背景がグレーになり大きな画像が読み込みなしで現れるといったものは、Javascriptを利用して実装されています。
次に、掲示板やチャット、メールフォーム、ショップカートなどCGIや、CMSなど、動的なホームページ製作で使われる言語です。
現在良く使われているのは、PHP、Perl、Rubyです。プログラムですので、完全習得には時間がかかります。
CGIは用途にあわせてプログラムを配布しているサイトがありますので、目的にあわせて利用していけばよいでしょう。
CMSを利用してホームページ製作を行う時、CMSプログラムで使われているものを習得している必要はありませんが、サーバによって動く言語が違いますので、プログラムと利用サーバの「バージョン」をチェックをしておきましょう。
PHPバージョン4系では動いても、PHPバージョン5系ではうごかない、といったケースがあります。
ホームページ製作のために、上記全てを習得する必要はありません。
HTML・CSSはワープロソフトのように操作することで生成してくれるツールが多数存在します。
細かなところにこだわってホームページ製作をしたくなったとき、目的に必要なものから習得していくとよいでしょう。